会計事務所のサービス

会計事務所員会計事務所のサービスについて、そもそも会計事務所がどういうサービスを提供しているかご存知でしょうか。会計事務所とは、実は、税理士事務所、公認会計士事務所、税理士法人の総称として使われている名前です。つまり、先述した事務所ができる業務を全て担うことができるということになります。つまり、税金や会計分野においてのスペシャリストであり、会社の運営や設立、税金対策に関する様々なノウハウを持つ事務所ということになります。

会計事務所による、会社設立代行サービスは、会計事務所が行う業務の一つであり、実際には、設立後も直面する様々な問題についても相談することができます。会社が軌道に乗って、業績も上がり、お金が入ってくるようになると、従業員も増え、会社の規模も大きくすることを考えなければいけません。税金対策や資金の運用についても相談役が必要になるでしょう。そんな場合にも、会計事務所に相談することで、その会社に最適な計画プランを提案してもらうことができます。融資の相談や、毎月の納税プラン、また、受けることができる補助金や助成金のような、知らないと損をする提案もしてもらえますので、活用されることをお勧めします。

設立に必要な手続き

会社を立ち上げる際には、会社設立の書類提出以外にも、賃貸物件の契約から内装工事、電気やインターネット開設、オフィス機器や家具の手配、その管轄区域への行政の手続き等、しなければいけないことは山積みです。面倒な会社設立の手続きは、会計事務所の代行サービスを利用することで、スムーズに解決しますので、有効に活用しましょう。

ハンコ設立に必要になる手続きとは、まず定款の作成、及び認証手続きです。定款とは、会社を作る目的、組織や運営、構成員や株主についての原則的規則、またはその書面のことを言います。会社の憲法とも言われており、最重要事項を定めた書面になります。公証役場は、その作成された定款に不備がないかを認証します。定款ができたら、次に法務局へ登記申請書の提出を行います。これらは全て代行サービスとして会計事務所が行いますので、事業主の方は、法人印の作成や印鑑証明書の取得、また定款の確認、資本金の振込業務をすることになり、するべき業務は簡略化されます。

会計事務所が行うサービスとして会社設立の代行サービスの紹介をしましたが、会計事務所では、設立後以降も頼れるサービスがいくつもあります。そのサービスについてご紹介します。

(関連サイト)アディーレ-会社設立代行サービス

会社設立代行サービス

ビルインターネット環境が整った現代社会において、様々な可能性が広がったことで、会社設立は夢物語ではなくなり、若い世代でも比較的チャレンジしやすい社会になってきました。または、会社から独立し、個人事業主として発起される方も増えています。ただし、会社設立にあたり、必要になる手続きは今も昔も変わりなく、知識がない者にとっては複雑で、難しい書類作成が待ち構えています。夢や希望、不安を抱きながら会社設立を決心した事業主の方にとって、避けて通れない関門となり、時間や労力を強いられてしまいます。また個人で対応するには限界があり、無理をも生じかねません。そうなると設立そのものが難しくなり、時間ばかり過ぎて、タイミングを失ってしまいます。会社とは、勢いやスピードに乗ることも大切ですので、そんな場合には、会社設立の代行サービスの利用がお勧めです。様々な業種で代行サービスを提供していますが、ここでは、その一つである会計事務所によるサービスをお勧めしています。

費用を支払ってまで代行サービスを利用したくないと考える事業主の方の気持ちも理解できます。もちろん、個人で手続きを行うことも可能であり、実際にされている方もいます。しかしながら、代行に任せることで、事業主の方は、本来力を発揮するべき場所で有意義に時間を費やすことが可能となります。会社設立は時間との戦いでもありますので、初期投資と考えて、代行サービスを利用されることをお勧めします。